塩分の摂取量を控えるのが大事な高血圧の症状の改善方法

男の人
  1. ホーム
  2. 塩分の取りすぎに注意する

塩分の取りすぎに注意する

和食

塩の摂取量が高い日本人

塩は、人間が健康的に生きていくうえでは欠かすことのできないものですが、とりすぎてしまうことによって、逆に高血圧などの症状が現れてくる原因ともなります。ある統計によれば、40歳を超える日本国民の約半数が、高血圧の患者となっています。その理由として考えられるのは、日本人に人気の食べ物であるラーメンやハンバーガーなどのほかにも、イカの塩辛やお漬物などといった、塩分が大量に入っているものを、食事の際に食べすぎているということです。また、醤油などの調味料にも、多くの塩が含まれているので、食事の際は、そのとりすぎに十分配慮する必要があります。この高血圧の原因要素ともなる塩分ですが、国際的にみても、日本人は欧米や欧州などの他国と比較して塩分摂取量が多くなっています。理想的な1日あたりの塩分摂取量は、6g未満となっていますが、現在の日本では平均して、1人あたりおよそ10gほどの摂取量ですので、その分、高血圧になりやすい食生活であるといえます。

血圧を適正値に保つ食べ物

こうした日本人の食事の際に摂取する塩の量は、海外で暮らしている方々よりも多くなっています。味の濃いものを好んで食する方は、塩気が多ければ多いほど味覚は満たされますが、高血圧になるリスクが高まっていくため、食事の際には、減塩に気を配ることが求められてきます。そうした減塩食を選択することで、高血圧から脱却できる確率が高まっていきます。とくに、中高年以上の方は注意が必要です。また、高血圧の予防や、改善に役立つ食べ物をチョイスすることで、リスク回避につながっていきます。適正な血圧の水準維持に役立つ食べ物には、野菜類をはじめ、大豆、貝類や海藻類、きのこなどといったものをあげることができます。なお、調理の際にも、調味料をかけすぎたりしないようにするなど、減塩を心がけていくことで、高血圧の防止、すでに高血圧の方であればその改善化が図られていくことになります。